読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし10年目★アラサー営業女子の日常

買ってよかったもの、仕事をしていて思うこと、あとそろそろ婚活しなきゃ

プレミアムフライデーが始まるよ!

プレミアムフライデーとは。 https://premium-friday.go.jp 毎月最後の金曜日は15時に帰ろう!という 働き方改革の一環のような、消費の活性化が目的のような 日本政府と経済界が提唱している取り組みらしいですよ。 今月まさに24日の金曜日から開始!

ところで経済界ってどこの誰。

旅行業界や飲食業界などはいろんなサービスを 発表しています。 金曜日に15時に帰れたらそのまま台湾とか温泉とか行きたいよ…。

弊社では今の所、導入されず月末も忙しいのですが、 世の中の流れに乗りたいので、 支社で月初にノー残業デーを設定しました。 15時帰りとかじゃないし 世の中とタイミングも合ってないから ほんとにただのの活性ノー残業デー笑

何が怖いってノー残業デーされても帰ってやることがないことが怖い!! 今の所なんの予定もない!!! 20時に帰った時ですら時間がたっぷりあるーって感じ (自炊・フットサル・ボルダリング岩盤浴とか余裕で行ける) なのに17時半て!!!

話は戻ってプレミアムフライデー。 世間ではどうせ持ち帰って仕事をするだの サービス業(逆に稼ぎどきになるよね…)は格差広がるとか いろんなマイナス意見がある。気持ちはわかる。

働き方改革ってそもそも ・高度成長期とかとっくに終わったから給料・業績右肩上がりとかないよ ・労働力足りなくなって来て女性や外国籍の方も一緒に働かなきゃだし これまでみたいにみんな同じように働いて同じものを目指すことが 現実的じゃなくなったよ ・経済全体が成長しないから労働=利益じゃないよ ということへの解決策だから サラリーマンに求められるのは「生産性の向上」一択。 どうせ持ち帰って仕事とかせず終わらせて? ということだと思う。

まあ私は営業なので成果物でなく金額なので 「いつまでにこれを完璧につくれ」という ミッションの人の気持ちはわかんない、ごめん。 私は1回帰っちゃえば仕事なんて気になんないし笑

ゆとり生まれのアラサーが感じることとしては、 世の中は厳しいし、でも意外とセーフティネットはあるって思う。

世の中が厳しいというのは、 労働の価値(=人の価値)は市場の相場で決まるから 人手不足の時は「働きやすいですよ、給与高いですよ」と言って採用しても、 不景気になれば希望退職というリストラも現実にあるし、減給もあるから。 会社に守ってもらおう、じゃなくて自分でエンプロイアビリティは ある程度必要だし、いざという時のことをちゃんと自分で考えるとか 自分が最低限の暮らしをするのにいくらかかるか お金に余裕があるときから認識するとか(私はできてないけど笑) あとそもそも企業自体の寿命が短くなって、 ここに入れば一生安心とかもない。

意外とセーフティネットがあるというのは 会社は少しの失敗は尻拭いしてくれるし、 一人赤字社員がいたとしてもみんなで黒字にできるし、 病気になったら、会社の仕組みは整ってて休職してもいきなり生活に困らないし、 失業手当とかも状況によっては失業後すぐもらえる。 某広告会社のニュースはいまだにやっているけど、 別に逃げ出してたとしても休職もできただろうし やめちゃっても転職先が一生見つからないことは絶対ない。 周りから「逃げた」と思われたくないプライドとかあったんだと思うけど。

いろいろ書いたけど とりあえずノー残業デー何しよう。